ファブリック・クラフト専門店”Joann Fabric and Craft Store”のご紹介

前回、ご紹介したマイケルズと共に米国で大型クラフト専門店の2大トップがJoann Fabric and Craft Storeです。

オハイオ州クリーブランドにて1943年に輸入チーズを販売する店として誕生しました。1960年までに多様な商品を扱うようになり、それから店名にもあるように布地をメインに販売する事業を本格的に始動しました。現在では全米49州に約850店舗を展開し、全米で最大手のファブリック&クラフト専門店として君臨しています。

もちろん大型クラフト専門店なのですが、マイケルズと異なるは何といってもファブリック(布や生地)と手芸用品のラインナップがすごく充実していること。広い店内の半分を占めるエリアにありとあらゆる素材、デザイン、カラーのファブリックがビッシリと陳列され、手芸品もなかなか日本ではお目にかかれないようなポップで色鮮やかな商品、ユニークなデザインで豊富な手芸ツールなども揃っています。

またファブリックの裁断エリアもゆったりとしたスペースで、カフェもある店内ではミシンや専門ツールなどをレンタルしコーヒーを飲みながら作業が可能です。困った時にはコンシェルジェサービスもあり気軽に知識豊富な店員に相談もできますよ。

Translate »