Amazon – Shipment Zeroプロジェクトのご紹介

毎年、Amazonからお客様へ何百万もの配達デリバリーが届くまでに沢山の二酸化炭素が排出されています。

Amazonは2030年までに全出荷量の半分まで二酸化炭素排出量削減プラン“Shipment Zero”プロジェクトを立ち上げ取り組む事になりました。嬉しい事にAmazonの需要が急増してビジネス的には喜ばしいのですが、二酸化炭素排出量の現状が環境成績ではまだまだ改善が足りていません。

再生可能エネルギーの取り組みではAmazonはマイクロソフトやフェイスブックなどにだいぶ遅れていること、また転換計画を充分に満たしていないなどと批判もされています。
これからAmazonは本格的に環境への影響を減らすため、100%再生可能なエネルギーで賄う取り組みを計画していくとのこと。
(現在はソーラーや風力発電所、配送センターの屋上屋根のソーラーパネル、配送の梱包を簡素化したりと努めていますが。)環境と顧客のためAmazonの取り組みはこれからが勝負どころです。

Translate »