GoogleとWalmart提携でアマゾン危機?!のご紹介

オンラインショッピング界のNo.1アマゾンにいよいよ強敵なライバルが出現のようです。

昨年の米国のリサーチではアメリカ国民の55%がアマゾンでのお買い物をしているんです。
そして先週、Googleとウォールマートがオンラインショッピング事業で提携するとのビックなニュースが舞い込んで来ました。

昨年、ウォールマートはアマゾンに次ぐオンライン小売業者になり急成長中。

今年に入ってウォールマートは6700万以上の製品を提供し、またグーグルでは数十万の製品がグーグルエクスプレス(即日配達サービス)を通じで購入可能にし、両社のいいとこ取りタッグで参戦。

来月からGoogleアシスタント経由でウォールマートの商品を購入できます。
しかもグーグルホームを使ってスマホやPCを使わずに”OK、グーグル! ○○の洗濯洗剤を二箱注文して!”といった感じに過去の顧客の購入履歴を含む機能を使い音声だけでオーダーでき、即日または翌日に配達されるというシステム機能もあるとか。

いい意味でアマゾンとウォールマートが競い合い消費者にとって更に便利でお得になれば嬉しいですね!

Translate »